似ている様ですが、「医療脱毛」と「脱毛サロン」は、何が違うか

WS000000

似ている様ですが、「医療脱毛」と「脱毛サロン」は、何が違うかと言うと医師や看護師がレーザーを使って脱毛することを医療脱毛といいます。

後々、処理が不要の永久脱毛が可能です。脱毛サロンでは使用する機器自体が違い、医療脱毛で使う照射の光が強力な脱毛機器は使用できないこととなっています。

医療脱毛と比較すると効果自体は劣ってしまいますが光が弱い分、痛みと肌への負担が軽減されるので意図して、脱毛サロンを選択する方もいます。「脱毛コース」で好評のエステといえば、大御所エステサロンのTBC、エルセーヌなどの有名どころが決まって上位に数えられます。

なお、人気ランキングに、脱毛サロンを含めると、ミュゼプラチナム、銀座カラー、または脱毛ラボなどのサロンがトップの方へランキング入りします。
人気といえば、ピュウベッロやキレイモなどもあります。

お好み次第で、脱毛を希望する部位別におめあての部位によって異なるサロンへ通う方もいます。

カミソリや毛抜きなどでムダ毛を自己処理しているとよく起こしてしまう埋没毛ですが、これも脱毛サロンでプロの手に任せると解消できます。
脱毛サロンで普通に受けられる光脱毛でしたら悩みの種の埋没毛もきれいに消せます。
脱毛クリニックでの脱毛はレーザー脱毛が主流ですが、この手法でも埋没毛は消せるものの、サロンの光脱毛よりずっと強い刺激を肌に受けますし、価格も多少高くされているのがほとんどのようです。脱毛のエステを受けると、たまに火傷することもあるということがあるようです。

光脱毛は脱毛エステでも主流に使われていますが、黒い色により反応する装置で、日焼けが目立つところや濃いシミのあるところは火傷の可能性があります。

日焼けや濃いシミのある部位は、近づけないようにしますが、日に焼けないよう日頃から注意することをお勧めします。利用している脱毛サロンが倒産してしまった場合、前払い分は返金されません。

ローンはどうなるかというと、受けることができていない施術分の支払いは止められますのでその点は安心です。このご時世ですので有名な大手サロンでも倒産しないとは限りませんし、まして中小規模のお店ならいつ潰れてしまってもそう驚くようなことではないでしょう。

ですから料金の前払いというのはやめておいた方がリスク回避になります。脱毛エステサロンで、困ったことが起きることもあります。

皮膚がいつもよりかさついたり、考えたより良くなかったり、予約したい日に取れないことです。問題を回避するには、前もって、口コミなどをしっかり見ておくことをオススメします。

また、ご自身の判断だけで決めず、家族などに話をきいてもらうのも必要になるでしょう。脱毛サロンの選び方としては、ウェブで予約できるようなところがお勧めします。

予約や変更、キャンセルなどの連絡がすべてネットでできると、とても手軽ですから、予約することも簡単になります。その脱毛サロンが電話での予約しか受け付けていないところだと、電話できるのはそのサロンの営業時間中だけになるので、つい忘れてしまうことだってありますよね。
足の脱毛をしてもらうために脱毛エステにいくときは料金プランが理解しやすいところを選択するとよいでしょう。あと、施術が終了するには何回通えばいいのかプランの回数が終わっても物足りない場合はどういうふうに対応されるのかも、契約する前にはっきりさせておくことは必要です。

足の脱毛は大体6回ほどのコースが主流ですが、施術が完了した人の中には肌の状態に満足出来ていないという意見もあります。脱毛サロンの料金システムですが、最近の傾向として月額制のところが出てきました。

月額制なら利用しやすいし、安く思える人も大勢いるでしょう。

とはいえ、通っていない月の分も決まった額払うことになるのでローンの支払いとそれほど変わらないかもしれません。一回で受けられる施術の範囲やお店の利用頻度、やめたい時に違約金がかかるのかなどは把握しておくのがよいでしょう。

毛深い体質の人の場合、脱毛エステを利用しても脱毛を完了させるまで、つまり満足できる状態に仕上げるまでに長い時間を費やすことになるようです。
例えば普通の毛質の人が12回ほど通うことで脱毛を完了させられるとすると毛深い人は16~18回ほど通うことになるかもしれないのです。
脱毛にそんなに時間がかけられないという人は、医療系の脱毛クリニックを選んだ方が脱毛を短期間で終わらせることができるようです。

とはいえ、脱毛クリニックで施術に使う機器は効果が高くパワーもそれなりに大きいので、施術時の痛みが少々強いと感じる人が多いようです。

脱毛ラボ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ